MENU CLOSE
Online store

リトリートコスメBUDDHI<ブッディ>の使い方_KIKYO

美容効果が非常に高く、肌なじみもよいブッディのリトリートオイル。
1本あれば、フェイス、ヘア、ボディ、ネイル…と、全身に使うことが可能。
その特性を生かしたお勧めの使い方をご紹介します。



<洗顔後、化粧水前のブースターとして>

入浴後や朝の洗顔後に、肌が濡れたままの状態でオイルを1~2滴手にとり、顔全体になじませます。
水分を得て柔らかくなった肌は、オイルの有効成分を吸収しやすく、馴染みやすい状態に。
お肌の潤いを守っている水分と、入浴や洗顔で得た水分の両方を閉じ込めることができます。
オイルによって肌が角質まで柔らかくほぐれ、次に使う化粧水やスキンケアアイテムの浸透を高める効果が期待できます。



<お手持ちの化粧水、クリームに数滴混ぜて>

普段ご使用の化粧水や乳液、クリーム等に、ブッディのオイルを1~2滴。
乳液やクリームの伸びが良くなり、保湿効果もアップします。
顔全体に伸ばしたあと、手のひらでやさしくプレスします。香りの効果も加わり、いつもよりもラグジュアリーなスキンケアタイムを楽しむことができます。



<シャンプー前の頭皮マッサージ用に>

洗髪前の頭皮に、ティースプーン2杯分のオイルを(お好みで香り付の美容オイルを1~2滴まぜて)揉みこみ、マッサージを。 頭皮の皮脂が浮き上がり、シャンプーだけでは落としきれない毛穴の汚れもすっきり。
オイルを直接塗り込んだ後に洗髪することで、適度な油分が残り、頭皮の乾燥を防ぎます。
マッサージによって頭皮のコリがほぐれ、血行を促進。健康な髪が生えやすい頭皮環境に整います。デスクワークやスマホ操作で疲れ目が気になる方にもお勧めです。



<ヘアケアオイルとして>

【洗髪後】
しっかりタオルドライした後の濡れた髪に、手のひらに広げたオイルをなじませドライヤーで乾かすと、しっかりまとまりやすくなります。
ショートなら1~2滴、ミディアムなら2~3滴、ロングなら3~4滴。
乾燥しやすい中間~毛先に揉みこむようにつけるのがポイントです。
【スタイリング】
朝のスタイリング時に、スタイリング剤に1滴まぜて使うと、髪にツヤ感も出て仕上がりのクオリティがアップします。



<ボディケアオイルとして>

お風呂上がりに数滴をボディになじませ、マッサージを。全身を乾燥から守り、むくみや疲れを緩和。肌のざらつきやセルライトを予防する効果も期待できます。ネックやデコルテのケアにもおすすめです。
※「ブッディ リトリートオイル 希釈」は、マタニティケア用としても認定されており、妊娠中の方も安心して使えます。
妊娠線予防、産後ケアにもおすすめです。



<ネイルケアオイルとして>

お風呂上がりや乾燥が気になった時に、オイルを爪の根元部分にある甘皮部分に垂らし、マッサージしながら爪全体に伸ばします。
指先までしっとりと潤わせることで、ケア効果だけでなく、指を動かすたびに心地よい香りが広がり、気分転換にも。ハンドクリームと併用する場合は、ハンドクリームの前に使用します。



<バス美容オイルとして>

バスタブにお湯をため、お好きな香りの美容オイルを数滴入れます。
ブッディ リトリートオイルの心と身体を解きほぐす香りがバスルームに広がり、リラックスしたバスタイムを演出します。 湯船に入りながら保湿ケアが叶い、湯舟から出たあとのボディもふっくらとやわらぎ、乾燥を防ぎます。