MENU CLOSE
Online store

リトリートオイルの使い方 Vol.6

1本あれば全身に! リトリートオイルの使い方あれこれ⑥
美容効果が非常に高く、肌なじみもよいBUDDHIのオイル。 1本あれば、フェイス、ヘア、ボディ、ネイル…と、全身に使うことが可能。 その特性を生かしたお勧めの使い方をご紹介!今回は、ラグジュアリーSPAエステティシャンも実践している、トリートメントオイル(ブッディ リトリートオイル 希釈)を使用した、クレンジング方法をご紹介。

~クレンジング※HOTEL-SPAエステティシャン編~

まずは手のひらに500円玉程の量の希釈オイルをとり、手のひらを重ね人肌に温めたら、顔をやさしく包み込んでオイルを塗布。 指先の腹を使ってくるくると丁寧に、軽くマッサージするように、メイクとなじませていく。
ポイントは、肌をこすらず優しく指を滑らせていくこと。充分量のオイルを使い、皮脂分泌が盛んな小鼻のまわりなども忘れずに。

メイクになじみ、汚れが浮き上がってきたら、ホットタオルかティッシュでオイルをふきとる。お勧めはホットタオル。40℃ほどのお湯でタオルを絞り、広げたもので十分に効果を発揮する。温熱・スチーム効果で汚れがスッキリと落ちやすくなり、血行促進によってくすみやクマも改善!

そのあとは洗顔料できめの細やかな泡をたて、顔に泡をのせて、泡パックをするようなソフトな洗顔を。 泡で優しく洗顔後は、ぬるま湯で丁寧に泡を洗い流す。

※HOTEL-SPAエステティシャンテクニックで、ワントーン肌色が明るくなり、きめが整った透明感のある美肌を体感することができる。

メイク落としを、肌が喜ぶスキンケアタイムに。

ブッディの希釈オイルはとてもシンプルで、抗酸化作用の高いプリンセピアオイルをベースに、独自の比率で配合したマッサージに最適なテクスチャーの希釈オイルは、実はクレンジングとしても黄金比率の処方。界面活性剤を一切含まず、植物オイル本来の持つ力でメイク汚れをオフすることができる、優れた逸品!日々のスキンケアにとりいれることで、肌質改善にもつなげられる。

肌質を改善。ラグジュアリーSPAレベルの極上クレンジングをご自宅で

注目すべきは、プリンセピアオイルに含まれている「γ(ガンマ)トコフェロール」の量。なんとオリーブオイルの35倍も含まれている。γトコフェロールは別名「女性向けビタミンE」ともいわれ、学会発表ではメラニンの生成を抑える「美白効果」が確認されている。ホホバ、米ぬか等といったその他オイルも、皮脂量の過不足の調整、保湿力を高める効果など、美肌作用に優秀なものばかりだ。  
ブッディのオイルシリーズで施術を行うあるラグジュアリーエステサロンで5社のクレンジングオイルを試したところ、ブッディの希釈オイルが最もよく落ち、さらに、

・洗いあがり後肌のトーンが明るくなった
・しわがなくなった

との報告もあったほど!
敏感肌や、肌のくすみ、しわや毛穴のひらき等のお悩みを持つ人にはとくにおすすめ。週に1回のスペシャルケアとしても、是非お試しいただきたい。