MENU CLOSE
Online store

3つの香り

Sep 20,2017

その日の気分と体調でも選べる3つの香り

様々な美容成分を含有し、エイジング効果の高い「プリンセピアオイル」が主原料のBUDDHI 美容オイル。
女性、男性関わらず、多くの方達に使っていただきたいという思いから、 香りは、「野ばら」「い草」「蜜」3種類。

香りの刺激が脳に届くまでの時間は0.2秒以下といわれています。
痛みが伝わるまでの時間が0.9秒程度といわれているので、香りを嗅ぐと瞬時にリラックスやリフレッシュができるのも納得。一般的に香りは、疲労感の軽減やストレスの緩和などの効果が認められている。どんな時でもそっと寄り添えるように調香されたプリンセピアオイルの3つの香りは、どれも、深い呼吸とともに身体の深層に広がり、体と心の凝りをほぐしてくれるに違いない。

①野の花の生命力を表現した「野ばら」の香り

感情のバランスをとる効果があるプチグレンとクローブをベースに、フレッシュなサイプレスがアクセントに香るのは「野ばら」の香り。可憐なだけでは終わらない野生の花のしなやかな生命力を表現。 気持ちを解放して、自分をリトリートしたい時に。

②安らぎと清廉をもたらす「い草」の香り

畳に身を委ねたときの心地よさを表現した「い草」の香りは、気持ちを安定させるパチュリに、ポジティブになれるレモングラスとリラックス効果の高いヒノキをプラス。心身を浄化して穏やかな気持ちをもたらすので、リセットしたい時に最適。

③ふわりと香り立つフェミニンな「蜜」の香り

摘みたての花々の蜜の香りを、心のバランスを保つプチグレンとエネルギーを循環させるオレンジのみずみずしい香りをベースから、ネロリやムスク、ハニーのフェミニンな香りへ移り変わる。心と身体のバランスを整え、高揚感をもたらしてくれる。

特に、女性は体調の変化によって香りに対して、敏感になったり、鈍感になったり。
3つの香りを揃えておくことで、体と対話しながら今日必要な香りを選ぶこともおすすめ。
心と身体にスッと馴染んでいく3つの香りは、どんな状況下でもたおやかに前を向いて生きていく現代女性の頼もしい味方になってくれるはず。